その他

一人当たり売上の限界

投稿日:

今日は昨日同様、経営的なお話をしましょう。 タイトルにしたように売上には限界があります。 一人で独立開業して、アルバイトも雇わないで経営したとして、 開業当初は売上が右肩上がりだったとします。 しかし、2年くらいすると売上の上昇が急にストップします。 なぜなら、一人でこなせる仕事の量は決まっているからです。 「じゃぁ、アルバイトを雇って人を増やそう!!」 と考える前にやることがあります。 「その仕事、本当にアルバイトにやってもらった方が得ですか?」 アルバイトを雇うということは、仕事が多くても少なくても 勤務していた時間に応じて時給が発生します。 週3で5時間勤務などと決めた場合 仕事があろうとなかろうと給与が発生します。 こういった費用は「固定費」といって、売上に関係なく発生するものです。 固定費の例としては、家賃や諸会費などがあります。 私としては固定費が生じる取引は慎重に行わなければならないと思います。 ましてや、アルバイトなどの労働契約については、 一度契約してしまったら、一方的に解除することはできません。 「思ったより売上が上がらなかったから、君は明日から来なくていいよ」 そんなことはできません。 では、一人では売上に限界があり、アルバイトを雇わないで売上を上げる方法とは それが外注です。 反復継続的にやっている仕事を他の会社にやってもらうことをお勧めします。 飲食店であれば仕入れを卸売業者に一括でお願いしてしまうとか、 今まで自分で仕込んでいた食材は、すでに仕込みのできている食材を購入してくるとか 経理が面倒だから会計事務所にお願いするとか (ちゃっかり宣伝してしまいました) こういった外注であれば 「思ったより売上が上がらなかったから、明日からはもとのやり方に戻そう」 といったことができます。 「従業員の多い」というのはある意味、社長のステ-タスみたいなとこがあります 「やっとうちも従業員数100名を超えたよ」 なんて自慢げに話す社長がイメ-ジできませんか? でも、人が多いことは会社の経営には直接関係ありませんよね 本当に重要なのは、従業員数に応じてしっかり売上、利益が出ているか 適正な人数を雇うことによって販売価格を下げることができているか そういったことではないでしょうか

-その他

執筆者:

関連記事

no image

年末調整

いよいよ年末調整が始まりました。 皆さん、お勤め先の会社から扶養控除等申告書が配られましたでしょうか? そこで本日は年末調整について 間違えやすいポイントとよくいただく質問をお話したいと思います。 1 …

no image

相続税の節税方法

平成27年以降相続税の基礎控除が下記のように変わります。 改正前:5,000万円+1,000万円×法定相続人の数 改正後:3,000万円+600万円×法定相続人の数 覚え方としては現行法定相続人1人あ …

no image

棚卸 節税

物品の販売業などをされている方であれば、 いくらか商品をストックしておかなくてはなりません。 しかし、ストックしている商品の中に もう売れそうにない商品は混じっていませんでしょうか? 節税対策なのです …

no image

配偶者控除

昨日、友人からこんな質問がありました。 「母を扶養ににしたいのだけれども、年金受給額がいくらまでの人なら扶養に入れられる?」 プライベ-トでこういった質問を受けたことがなかったので驚きました。 所得税 …

no image

ワードプレスの使い方

スポンサーリンク




プロフィール

~プロフィール~

サイト管理人のゼンと申します。

現役税理士が税務情報や株式投資についてお話します。

役立つ記事があれば参考にしてください。

詳細プロフィールはこちら
 

~更新記事一覧~

2018年11月  ▲ 20,391円

2018年12月  +183,832円

2018年 年間収支+163,441円

 

2019年 1月  + 21,128円

2019年 2月  ▲255,290円

2019年 3月  + 58,471円

2019年 4月  ▲110,793円

2019年 5月  ▲ 69,713円

2019年 6月  +115,127円

2019年 7月  +192,802円

2019年 8月  ▲ 172,115円

2019年 9月  +415,766円

2019年 年間収支+195,383円

 

生涯収支     +358,824円