その他

固定資産税

投稿日:

確定申告を進めているのですが 平成23年12月に建物を取り壊したお客様がいらっしゃいました。 いったん更地に戻して、その土地に息子さんがマンションを建てたそうです。 「売却ではないので、これといって税理士が出る場面はないなぁ」なんて思っていたのですが 確定申告の資料を見てみると おやおや?平成24年分の固定資産税がかかってる! 平成23年中には除却しているのに・・・ これはもしかしたら還付してもらえるんじゃ!? さて、そんな時はどうすればよいでしょうか? ①市役所に駆け込んで文句を言う ②税務署に駆け込んで文句を言う ③建物を取り壊した業者に文句を言う ④落ち着いて滅失登記をした日を調べる なんとなく正解がわかるかもしれませんが 正解は④です。 固定資産税は1月1日に不動産を所有している方に課税されます。 不動産を所有しているかどうかは登記で判断するので、 平成23年中に取り壊しても、滅失登記をしたのが平成24年1月1日以降であれば 平成24年分の固定資産税がかかってしまうのです。 もちろん、丸々1年分の税金がかかってしまいます。 したがって、とりあえず滅失登記がいつされたのか法務局に行って調べる。 それでもおかしい場合に①市役所に行きましょう。 このお客様も滅失登記されたのが平成24年3月になってしまっていたので 平成24年分の固定資産税がかかってしまったというわけです。 1月1日の所有者に課される税金には固定資産税以外にも 自動車税があります。 中古車ディ-ラ-が「12月中に車を売った方がお得」なんて言ってますが あれは自動車税がかかってしまうからなのです。 ただし、除却は12月中の方が良いのですが 売却の場合、固定資産税や自動車税の未経過分を売却価格に上乗せするので 絶対に損するというわけではないのです。

-その他

執筆者:

関連記事

no image

教育資金贈与

本日は噂の「教育資金の贈与税非課税」についてお話します。 この制度は平成25年4月1日から平成27年12月31日までの間の贈与にのみ適用される予定です。 あくまで予定ですので、税制改正が確定するまでは …

no image

サイト作成のために参考になるサイト

当サイトは下記のサイトを参考にして作成しております。 バナオレ様  https://free-essence.com/ ひつじアフェリエイト様 http://hituji-affiliate.com/ …

no image

税理士法人

検索キ-ワ-ドに「税理士はなぜ法人化しないのか」というキ-ワ-ドがありました。 そこで今日は会計事務所、税理士事務所が税理士法人とならない理由を 私なりにお話ししたいと思います。 まず、税理士法人を設 …

no image

遺言について

今日は「遺言」についてお話しましょう。 税理士業務で経験した相続のうち 遺言があるケ-スは大体1/4件くらいでしょうか。 もちろん、税理士として受注している案件ですので、 基礎控除額より相続財産が多い …

no image

復興特別所得税の端数処理

昨日、復興特別所得税についてお話しましたが 皆さんご存知だったでしょうか。 それにともなって、源泉徴収税額表も新しくなっていますし、 銀行さんもシステム変更がされているようです。 この復興特別所得税で …

スポンサーリンク




プロフィール

~プロフィール~

サイト管理人のゼンと申します。

現役税理士が税務情報や株式投資についてお話します。

役立つ記事があれば参考にしてください。

詳細プロフィールはこちら
 

~更新記事一覧~

2018年11月  ▲ 20,391円

2018年12月  +183,832円

2018年 年間収支+163,441円

 

2019年 1月  + 21,128円

2019年 2月  ▲255,290円

2019年 3月  + 58,471円

2019年 4月  ▲110,793円

2019年 5月  ▲ 69,713円

2019年 6月  +115,127円

2019年 7月  +192,802円

2019年 8月  ▲ 172,115円

2019年 9月  +415,766円

2019年 年間収支+195,383円

 

生涯収支     +358,824円