その他

固定資産税

投稿日:

確定申告を進めているのですが 平成23年12月に建物を取り壊したお客様がいらっしゃいました。 いったん更地に戻して、その土地に息子さんがマンションを建てたそうです。 「売却ではないので、これといって税理士が出る場面はないなぁ」なんて思っていたのですが 確定申告の資料を見てみると おやおや?平成24年分の固定資産税がかかってる! 平成23年中には除却しているのに・・・ これはもしかしたら還付してもらえるんじゃ!? さて、そんな時はどうすればよいでしょうか? ①市役所に駆け込んで文句を言う ②税務署に駆け込んで文句を言う ③建物を取り壊した業者に文句を言う ④落ち着いて滅失登記をした日を調べる なんとなく正解がわかるかもしれませんが 正解は④です。 固定資産税は1月1日に不動産を所有している方に課税されます。 不動産を所有しているかどうかは登記で判断するので、 平成23年中に取り壊しても、滅失登記をしたのが平成24年1月1日以降であれば 平成24年分の固定資産税がかかってしまうのです。 もちろん、丸々1年分の税金がかかってしまいます。 したがって、とりあえず滅失登記がいつされたのか法務局に行って調べる。 それでもおかしい場合に①市役所に行きましょう。 このお客様も滅失登記されたのが平成24年3月になってしまっていたので 平成24年分の固定資産税がかかってしまったというわけです。 1月1日の所有者に課される税金には固定資産税以外にも 自動車税があります。 中古車ディ-ラ-が「12月中に車を売った方がお得」なんて言ってますが あれは自動車税がかかってしまうからなのです。 ただし、除却は12月中の方が良いのですが 売却の場合、固定資産税や自動車税の未経過分を売却価格に上乗せするので 絶対に損するというわけではないのです。

-その他

執筆者:

関連記事

no image

税理士試験

今日は珍しく税理士試験の受験生に向けて 「試験勉強と実務の違い」についてお話しましょう。 私も数年前まで税理士試験の受験生でした。 受験勉強はとにかく問題集の繰り返しです。 テキストをじっくり読むのは …

no image

税理士試験直前対策

そこで、今日も税理士試験合格者として試験直前の対策についてお話しましょう。 税理士試験の受験申し込みが5月21日から開始され、受験生がそわそわしているこの時期 「試験まで約2ヶ月しかないや、どぉすれば …

no image

税理士法人

検索キ-ワ-ドに「税理士はなぜ法人化しないのか」というキ-ワ-ドがありました。 そこで今日は会計事務所、税理士事務所が税理士法人とならない理由を 私なりにお話ししたいと思います。 まず、税理士法人を設 …

no image

ワードプレスの使い方

no image

配偶者控除

昨日、友人からこんな質問がありました。 「母を扶養ににしたいのだけれども、年金受給額がいくらまでの人なら扶養に入れられる?」 プライベ-トでこういった質問を受けたことがなかったので驚きました。 所得税 …

スポンサーリンク




プロフィール

~プロフィール~

サイト管理人のゼンと申します。

現役税理士が税務情報や株式投資についてお話します。

役立つ記事があれば参考にしてください。

詳細プロフィールはこちら
 

~更新記事一覧~

2018年11月  ▲ 20,391円

2018年12月  +183,832円

2018年 年間収支+163,441円

 

2019年 1月  + 21,128円

2019年 2月  ▲255,290円

2019年 3月  + 58,471円

2019年 4月  ▲110,793円

2019年 5月  ▲ 69,713円

2019年 6月  +115,127円

2019年 7月  +192,802円

2019年 8月  ▲ 172,115円

2019年 9月  +415,766円

2019年 年間収支+195,383円

 

生涯収支     +358,824円