その他

教育資金贈与

投稿日:

本日は噂の「教育資金の贈与税非課税」についてお話します。 この制度は平成25年4月1日から平成27年12月31日までの間の贈与にのみ適用される予定です。 あくまで予定ですので、税制改正が確定するまではまだ贈与しないでください。 制度の概要は 孫の教育資金に充てるため金銭等を拠出し、金融機関に信託などをした場合には、 1,500万円までは贈与税が課されない。 というものです。 「可愛い孫のためなら1,500万円ドンと払っちゃる」 なんておじいちゃんは多いと思います。 ただし、この制度を利用して贈与税を非課税とするには、 ①受取る側の要件、②お金の渡し方、③お金の使い道に気をつけなければなりません。 まず受取る側、お孫さんは30歳未満でなければなりません。 なぜ、30歳で区切ったのかは定かではありませんが、 とりあえず、お孫さんが30歳以上の場合はこの制度は適用できません。 つぎに、お金は直接本人に渡してはいけません。 お金は銀行や信託会社に「信託」という形で預けなければなりません。 さらに、信託に預けられているお金は「教育資金」として使わなくてはなりません。 「教育資金」については ①学校等に支払われる入学金その他の金銭 ②学校等以外に支払われる金銭のうち一定のもの とされ、具体的な内容はまだ決まっていないようです。 また、この「②学校等以外に支払われる金銭のうち一定のもの」については 500万円までしか非課税となりません。 したがって、1,500万円丸々非課税にしたいのであれば 1,000万円以上は「①学校等に支払われる入学金その他の金銭」として使い 残りを「②学校等以外に支払われる金銭のうち一定のもの」に使う必要があるわけです。 制度の内容はこのような感じです。 ちょっと補足事項として ①祖父と祖母から1,500万円ずつ教育資金贈与を受けた場合 この制度ではお孫さん1人につき1,500万円を非課税とするというものなので、 祖父と祖母の両方から受け取った場合、1,500万円を超える金額については贈与税がかかります。 ②1,500万円を教育資金として信託したが、1,500万円すべて使い切らなかった場合 孫が30歳に達するまでに、信託等した1,500万円を教育資金として使い切らなかった場合 その残額は孫が30歳に達した日に贈与があったものとして贈与税がかかります。 ③2,000万円を信託した場合 この制度は1,500万円までを非課税とする制度ですので、 1,500万円を超える500万円については、その信託などをした時点で贈与税が課されます。 ④お孫さんが亡くなられた場合 1,500万円を信託などした後、孫が30歳に達するまでに亡くなられてしまった場合には 贈与税はかかりません。 ただし、信託などした1,500万円はお孫さんの相続財産となりますのでご注意を。

-その他

執筆者:

関連記事

no image

法定相続人について

ところで、皆さんは自分の法定相続人を把握してますか? 相続人というのは、自分がなくなった時に自分の財産を引き継ぐ人ということです。 民法という法律において「誰が相続人になる」ということが決められていま …

no image

期限後の相続税の申告

最近、とある相続業務で3年も前に相続が開始しているのに何の手続きもしていなかったという事案がありました。 相続が起きてまず初めにする手続きと言えば、葬儀社選びや区役所への届出ですが、 それをされていな …

no image

土地の権利書をなくした場合

年末になり今年を少し振り返っていたところ、とある相談を思い出しました。 「権利証を紛失したらどうすればいい?」 突然の電話での相談だったのであわてて調べた記憶があります。 せっかくなのでブログのネタに …

no image

通達と法律

最近、とある税務の勉強会に参加しています。 そこでこんなことを言われるのです。 「通達は法律じゃないから従う必要はないんだ!!」 通達というのは、税務署のル-ルです。 どこの税務署でも同じ判断をするよ …

no image

税理士試験

今日は珍しく税理士試験の受験生に向けて 「試験勉強と実務の違い」についてお話しましょう。 私も数年前まで税理士試験の受験生でした。 受験勉強はとにかく問題集の繰り返しです。 テキストをじっくり読むのは …

スポンサーリンク




プロフィール

~プロフィール~

サイト管理人のゼンと申します。

現役税理士が税務情報や株式投資についてお話します。

役立つ記事があれば参考にしてください。

詳細プロフィールはこちら
 

~更新記事一覧~

2018年11月  ▲ 20,391円

2018年12月  +183,832円

2018年 年間収支+163,441円

 

2019年 1月  + 21,128円

2019年 2月  ▲255,290円

2019年 3月  + 58,471円

2019年 4月  ▲110,793円

2019年 5月  ▲ 69,713円

2019年 6月  +115,127円

2019年 7月  +192,802円

2019年 8月  ▲ 172,115円

2019年 9月  +415,766円

2019年 年間収支+195,383円

 

生涯収支     +358,824円