その他

法人設立

投稿日:

本日は会社設立のお話 「会社を設立したらいいんだけど、誰にお願いすればいいのかな?」 とある事業主から聞かれたことがあります。 私ども税理士は、会社設立後の届出の作成はできますが 会社設立の手続きには、ほとんど関与していません。 会社設立の専門家は「司法書士」です。 司法書士であれば、会社設立の1から10まで すべて代理でやってもらうことができます。 ただし、だいたい20万円くらいの費用がかかります。 また、登記手続きはご自身ですることもできます。 「もっと安く、会社設立する方法はないかな?」 というのであれば、行政書士です。 行政書士は、会社設立の手続きのうち 登記手続き以外ができます。 (登記手続きは司法書士さんしかできないのです。) つまり、行政書士は一人では会社設立はできません。 登記手続きはお客様にやっていただくか、 提携の司法書士に外注するしかありません。 もちろん、そのぶん司法書士より、少し安めになります。 さらに安くするのであれば、ご自身ですべてやってしまうのも可能です。 ただし、手間と時間はかかってしまいます。 ところで、「会社設立0円から」と広告している会計事務所をよく見かけますが、 よく内容を見てみると「1年間の顧問契約をされた方に限ります」と記載されているはずです。 つまり、会社設立費用を顧問料に上乗せして回収を図っているだけなんですね。 つまり、「パソコンが1円です」「当社インタ-ネットを3年契約のお客様限定」 というのと全く同じです。 たいてい、これらの販売方法には途中解約違約金が付いています。 世の中うまい話はないわけで・・・

-その他

執筆者:

関連記事

no image

路線価について

平成25年分の路線価図が来週7月1日より公開される予定です。 <国税庁HPよりhttp://www.nta.go.jp/sonota/sonota/osirase/data/h24/rosenka/> …

no image

法人の解散

しかし、法人設立したいというニ-ズは減ってきている気がします。 法人設立した場合に、消費税が一定期間免除になるとか 役員報酬にすることによって給与所得控除が受けれますとか 法人化するメリットを説明する …

no image

許可、認可、特許、届出

行政書士をやっていると、さまざまな法律に触れることになります。 風俗営業の許可であれば風営法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律) 建設業許可であれば建設業法 おそらく、かかわる法律の種類 …

no image

借地権と建物の所有者が異なる場合

今日は借地権と建物の所有者が異なる場合についてご紹介します。 まず、借地権というのは 「建物の所有を目的とする地上権又は土地の賃借権をいう。 」 (借地借家法第二条1項) とされています。 たとえば、 …

no image

生命保険

本日ご紹介する本はこちら 「生命保険の『罠』」後田 亨 妻に勧められて読んだのですが なかなか参考にするところが多く、非常に有用な本でした。 著者は大手保険会社での営業の経験があり、 保険のプロの実際 …

スポンサーリンク




プロフィール

~プロフィール~

サイト管理人のゼンと申します。

現役税理士が税務情報や株式投資についてお話します。

役立つ記事があれば参考にしてください。

詳細プロフィールはこちら
 

~更新記事一覧~

2018年11月  ▲ 20,391円

2018年12月  +183,832円

2018年 年間収支+163,441円

 

2019年 1月  + 21,128円

2019年 2月  ▲255,290円

2019年 3月  + 58,471円

2019年 4月  ▲110,793円

2019年 5月  ▲ 69,713円

2019年 6月  +115,127円

2019年 7月  +192,802円

2019年 8月  ▲ 172,115円

2019年 9月  +415,766円

2019年 年間収支+195,383円

 

生涯収支     +358,824円