その他

法定相続人について

投稿日:

ところで、皆さんは自分の法定相続人を把握してますか? 相続人というのは、自分がなくなった時に自分の財産を引き継ぐ人ということです。 民法という法律において「誰が相続人になる」ということが決められています。 この民法に定められている相続人を「法定相続人」と言います。 遺言がない場合には、亡くなった人の財産は自動的に法定相続人に相続することとなります。 まず、配偶者(夫、妻)がいる場合には、配偶者は自動的に法定相続人となります。 次に、「子供 → 父・母 → 兄弟姉妹」という順序で法定相続人になります。 相続関係についてはやはりサザエさんで説明しましょう。 たとえば、マスオさんの法定相続人は、妻のサザエさん、このタラちゃんとなります。 また、カツオは配偶者・子供がいないので 法定相続人は、波平さんとフネさんとなります。 もし、波平さんとフネさんが先になくなっていた場合には、 カツオの法定相続人は兄弟姉妹であるサザエさんとワカメに変わるわけです。 困るケ-スとしてよくあるのは 両親は先になくなっていて、配偶者はいるが子供がいないケ-スです。 この場合、配偶者と兄弟姉妹が法定相続人となります。 さらに兄弟姉妹が先になくなっていた場合、「代襲」という制度により 兄弟姉妹の子供、つまり亡くなった人からすれば甥っ子・姪っ子が法定相続人となります。 甥っ子、姪っ子とはあまり関わりがないとは思うのですが、 法律上は法定相続人となってしまうのです。 「法定相続人には財産を渡したくない」 または 「法定相続人以外に財産を相続したい」 という時はどうすればいいのでしょうか? 答えは「遺言を書く」です。 遺言で誰に財産を渡すのか書いておけば、 疎遠の親族が相続人となることもなく、遺産分割が揉める可能性が軽減されます。 ただし、「遺留分」という制度がありますので、 遺言を書くときは専門家に少し相談してからの方がよろしいかと思います。 私の場合には妻と両親が法定相続人です。 「妻と姑で揉めないか心配だなぁ」 なんて、揉めるほど私は財産持ってないか・・・・

-その他

執筆者:

関連記事

no image

個人事業税について

個人事業税は、所得税のように申告する必要はなく 都税事務所や県税事務所から、勝手に納付書が送られてくるタイプの税金です。 つまり、納付書が送られてこなかった方は納付の必要はございません。 では、納付書 …

no image

源泉徴収票

皆さん、平成24年分の源泉徴収票はいただいたでしょうか? 源泉徴収票は給与明細などとともに、しっかりと保存しておきましょう。 そんな源泉徴収票について お客様からご質問をいただきました。 「源泉徴収票 …

no image

税理士試験

今日は珍しく税理士試験の受験生に向けて 「試験勉強と実務の違い」についてお話しましょう。 私も数年前まで税理士試験の受験生でした。 受験勉強はとにかく問題集の繰り返しです。 テキストをじっくり読むのは …

no image

税理士法人

検索キ-ワ-ドに「税理士はなぜ法人化しないのか」というキ-ワ-ドがありました。 そこで今日は会計事務所、税理士事務所が税理士法人とならない理由を 私なりにお話ししたいと思います。 まず、税理士法人を設 …

no image

税務調査

最近ご相談に来られたほとんどのお客様が口を揃えておっしゃるのは 「自分で申告していたら税務調査に入られて、税金いっぱい持ってかれたよ」 「こんど税務調査が入るんだけど一緒に立ち会ってはもらえませんか」 …

スポンサーリンク




プロフィール

~プロフィール~

サイト管理人のゼンと申します。

現役税理士が税務情報や株式投資についてお話します。

役立つ記事があれば参考にしてください。

詳細プロフィールはこちら
 

~更新記事一覧~

2018年11月  ▲ 20,391円

2018年12月  +183,832円

2018年 年間収支+163,441円

 

2019年 1月  + 21,128円

2019年 2月  ▲255,290円

2019年 3月  + 58,471円

2019年 4月  ▲110,793円

2019年 5月  ▲ 69,713円

2019年 6月  +115,127円

2019年 7月  +192,802円

2019年 8月  ▲ 172,115円

2019年 9月  +415,766円

2019年 年間収支+195,383円

 

生涯収支     +358,824円