その他

源泉徴収票

投稿日:

皆さん、平成24年分の源泉徴収票はいただいたでしょうか? 源泉徴収票は給与明細などとともに、しっかりと保存しておきましょう。 そんな源泉徴収票について お客様からご質問をいただきました。 「源泉徴収票をいただいたのですが、 平成24年11月分の給与までしか集計されていないみたいです。 これで大丈夫なのですか?」 たしかに、「平成24年分」なのに平成24年12月分が含まれていないのは 何かおかしいような気がしますよね? でも、それで正しいのです。 実はその会社さん、給与の支払い方法が月末締め翌月10日払い つまり、11月分は12月10日に支払われるわけです。 平成24年分の源泉徴収票には、 平成24年1月支払(平成23年12月分)から 平成24年12月支払(平成24年11月分)が集計してあります。 そうであれば、平成24年中に支払われた給与がすべて集計されていることになりますね。 では、なぜ支払日を基準にするかというと、 所得税法基本通達36-9[給与所得の収入金額の収入すべき時期]というものに 給与所得の収入金額の収入すべき時期は、 契約により支給日が定められている給与等についてはその支給日、 その日が定められていないものについてはその支給を受けた日によるものとする。 と定められているからです。 つまり、平成24年12月に入社して、初任給が平成25年1月に支払われた場合は、 今年は源泉徴収票が発行されません。平成24年中に支給された給与がありませんからね。 皆さんも源泉徴収票を少し確認してみてはいかがでしょうか? 実は住所が違うとか 生年月日が違うとか 間違った源泉徴収票が発行されているかもしれませんよ。

-その他

執筆者:

関連記事

no image

自宅の取得、賃貸

今日は自宅を賃貸にした場合と購入した場合とどちらがお得なのか考えてみたいと思います。 先にお伝えしておきますと、どちらが得かは結局わからないというのが正直なところです。 どちらが得か明白ならば、皆得な …

no image

連年贈与について

相続税の節税方法についてご相談を受けたとき、 ふと思ったことがあります。 贈与税の基礎控除110万円を利用し、毎年110万円前後を息子さんに贈与する っというのはよくある相続税節税方法ですが、 「平成 …

no image

棚卸 節税

物品の販売業などをされている方であれば、 いくらか商品をストックしておかなくてはなりません。 しかし、ストックしている商品の中に もう売れそうにない商品は混じっていませんでしょうか? 節税対策なのです …

no image

くせ毛、天パで悩む方へ

 当ブログとしては珍しい内容のお話ですが、今回はテーマは「くせ毛、天パ」です。 私、ゼンは現役の 天パ です。  そのため、世の中に同じ悩みを持つ方のために今回はこの記事を書かせていただきました。 1 …

no image

税理士試験について

ところで、昨日の検索ワ-ドにこんな単語がありました 「税理士試験 会場の雰囲気にのまれる」 とても気持ちはわかります。 試験特有の雰囲気ってありますよね。 私も5回受験しましたが、緊張しないことはあり …

スポンサーリンク




プロフィール

~プロフィール~

サイト管理人のゼンと申します。

現役税理士が税務情報や株式投資についてお話します。

役立つ記事があれば参考にしてください。

詳細プロフィールはこちら
 

~更新記事一覧~

2018年11月  ▲ 20,391円

2018年12月  +183,832円

2018年 年間収支+163,441円

 

2019年 1月  + 21,128円

2019年 2月  ▲255,290円

2019年 3月  + 58,471円

2019年 4月  ▲110,793円

2019年 5月  ▲ 69,713円

2019年 6月  +115,127円

2019年 7月  +192,802円

2019年 8月  ▲ 172,115円

2019年 9月  +415,766円

2019年 年間収支+195,383円

 

生涯収支     +358,824円