その他

源泉徴収票

投稿日:

皆さん、平成24年分の源泉徴収票はいただいたでしょうか? 源泉徴収票は給与明細などとともに、しっかりと保存しておきましょう。 そんな源泉徴収票について お客様からご質問をいただきました。 「源泉徴収票をいただいたのですが、 平成24年11月分の給与までしか集計されていないみたいです。 これで大丈夫なのですか?」 たしかに、「平成24年分」なのに平成24年12月分が含まれていないのは 何かおかしいような気がしますよね? でも、それで正しいのです。 実はその会社さん、給与の支払い方法が月末締め翌月10日払い つまり、11月分は12月10日に支払われるわけです。 平成24年分の源泉徴収票には、 平成24年1月支払(平成23年12月分)から 平成24年12月支払(平成24年11月分)が集計してあります。 そうであれば、平成24年中に支払われた給与がすべて集計されていることになりますね。 では、なぜ支払日を基準にするかというと、 所得税法基本通達36-9[給与所得の収入金額の収入すべき時期]というものに 給与所得の収入金額の収入すべき時期は、 契約により支給日が定められている給与等についてはその支給日、 その日が定められていないものについてはその支給を受けた日によるものとする。 と定められているからです。 つまり、平成24年12月に入社して、初任給が平成25年1月に支払われた場合は、 今年は源泉徴収票が発行されません。平成24年中に支給された給与がありませんからね。 皆さんも源泉徴収票を少し確認してみてはいかがでしょうか? 実は住所が違うとか 生年月日が違うとか 間違った源泉徴収票が発行されているかもしれませんよ。

-その他

執筆者:

関連記事

no image

税理士の提案する節税策を鵜呑みにしてはいけない

「うちの会計事務所は様々な節税ノウハウがあります」 という広告をよく目にします。 もちろん節税方法にはいろいろあるわけです。 奥様の給与は103万円なり130万円以内にしてもらうとか、 医療費の領収書 …

no image

一人当たり売上の限界

今日は昨日同様、経営的なお話をしましょう。 タイトルにしたように売上には限界があります。 一人で独立開業して、アルバイトも雇わないで経営したとして、 開業当初は売上が右肩上がりだったとします。 しかし …

no image

税理士試験

今日は珍しく税理士試験の受験生に向けて 「試験勉強と実務の違い」についてお話しましょう。 私も数年前まで税理士試験の受験生でした。 受験勉強はとにかく問題集の繰り返しです。 テキストをじっくり読むのは …

no image

税務についての無料動画にニーズはあるだろうか?

当サイトは株式投資の記事は毎日更新していますが、税務の記事の量はあまり多くありません。 しかし、一応ゼンは現役の税理士です。 しかし、当サイトから確定申告書の作成や法人の経理の依頼は受けようとは思って …

no image

サイト作成のために参考になるサイト

当サイトは下記のサイトを参考にして作成しております。 バナオレ様  https://free-essence.com/ ひつじアフェリエイト様 http://hituji-affiliate.com/ …

スポンサーリンク




プロフィール

~プロフィール~

サイト管理人のゼンと申します。

現役税理士が税務情報や株式投資についてお話します。

役立つ記事があれば参考にしてください。

詳細プロフィールはこちら
 

~更新記事一覧~

2018年11月  ▲ 20,391円

2018年12月  +183,832円

2018年 年間収支+163,441円

 

2019年 1月  + 21,128円

2019年 2月  ▲255,290円

2019年 3月  + 58,471円

2019年 4月  ▲110,793円

2019年 5月  ▲ 69,713円

2019年 6月  +115,127円

2019年 7月  +192,802円

2019年 8月  ▲ 172,115円

2019年 9月  +415,766円

2019年 年間収支+195,383円

 

生涯収支     +358,824円