トレード成績 株式投資

銘柄よりもタイミング

投稿日:2019年1月31日 更新日:

2月からの対策を練ってます。

ただ2月上旬は下落すると思っているので、バレンタインデーくらいまでは様子見する予定です。

あれ?下がるなら空売りしないの?と思われたかもしれませんが、現在ソフトバンクGに踏み上げられ中なのでしばらくは新規空売りは控えます。

だがファミマが13,000円になった時は別だ!

そして2月中旬に底入れを確認し、上がってきたら割安の小型株を狙いたいと考えています。

色々調べていると、銘柄以上に購入のタイミングが重要だと思いました。
TOPIXを見てみると2017年は右肩上がりでしたが、2018年は右肩下がりです。
つまり、2017年の頭に買った人は基本的には2017年の終わりに売れば儲かったはずですね、全体的に上がってるのですから。
一方2018年の頭に買った人は年末には含み損になっている可能性が高いわけです。

もちろん2018年は年間通してみると下がっているのですが、ずっと下げていたわけではなく、上げ下げを繰り返していたわけです。

つまり、長くて1ヶ月、短くて半月ごとに上げ下げがあり、上げのタイミングで買い、下げのタイミングで売れれば儲かるわけです。

したがって、私の戦略としては株を持ちっぱなしにするのではなく、優良銘柄をいい時期に買って、いい時期に売る方法で行きたいと思います。

その上げ下げの周期を考えると、昨年12月はずっと下げてきて、12月末から1月末にかけて上がってきました。
そして今週は上がったり下がったりの横ばいです。

基本的に株価は上がったあと一旦下がる可能性が高いと思います。上→横ばい→上というパターンも無いわけでは無いのですが…。

そのため、今のうちから優良銘柄を5社くらいリストアップします。
5社の理由としては、1銘柄で10%含み損になった際に自分が精神的に負担にならない金額で設定しました。

ただし、まだ塩漬け銘柄があるので5銘柄見つけてもそのうち2銘柄くらいしか手を出せないかもしれませんが。

-トレード成績, 株式投資

執筆者:

関連記事

no image

決算跨ぎ失敗by博展

昨日の引け後に残念な内容の決算発表をした博展(2173)が大幅に下落しました。 そのため、相場はやや上昇傾向だったのですが、ゼンの損益はいまいちです。 1.ソフトバンク(9434)が1,500円突破 …

no image

相場の方向性が見えない

本日は日経平均、マザーズは上昇。 TOPIX、ジャスダックは下落という何とも方向性のない相場でした。 以前まで上がり始めると3日くらいは連続で上がって、3日くらい連続で下がって、トータルで上や下に動い …

no image

まだ暴落ではない・・・と思いたい

2日連続の下落相場となり皆様そろそろ弱気になってはいないでしょうか? ゼンはだいぶ弱気です。 いつ昨年末のような暴落が来るかわかりませんので、常に逃げる体制をとりながら相場を眺めている次第です。 1. …

no image

今日はプラス

日経平均が久々に上がった今日、皆さまいかがお過ごしでしょうか? ゼンは売り多めで持っていたのでヒヤヒヤです。 5日連続暴落していたセイコーエプソンが陽線で終わりそうだったので利確。+1.5万 ユニー・ …

no image

いよいよ予想通りの調整入りか?

最近弱気の予想を続けているのですが、実際に相場が下落しても嬉しくありません。 ゼンも株を持っているのですから弱気の予想が当たれば損をするのですから。 ゼンの希望を言えばいつだって相場には上昇してほしい …

スポンサーリンク




プロフィール

~プロフィール~

サイト管理人のゼンと申します。

現役税理士が税務情報や株式投資についてお話します。

役立つ記事があれば参考にしてください。

詳細プロフィールはこちら
 

~更新記事一覧~

2018年11月  ▲ 20,391円

2018年12月  +183,832円

2018年 年間収支+163,441円

 

2019年 1月  + 21,128円

2019年 2月  ▲255,290円

2019年 3月  + 58,471円

2019年 4月  ▲110,793円

2019年 5月  ▲ 69,713円

2019年 6月  +115,127円

2019年 7月  +192,802円

2019年 8月  ▲ 172,115円

2019年 9月  +415,766円

2019年 年間収支+195,383円

 

生涯収支     +358,824円