株式投資 テクニック

割安株を探す基準「PER」を徹底解説

投稿日:2019年2月9日 更新日:

1.PERの概要

 PER(ピーイーアール)とはPrice Earnings Ratio(株価収益率)の略で、株価が1株当たり純利益の何倍かを見る基準です。
 現在の株価が企業の利益に対して割高か割安かを判断する目安として利用されます。

PER = 株価 / 1株当たり純利益

 また、考え方としては下記の計算式のほうがイメージしやすいと思います。

PER = 時価総額 (株価×株式数)   / 当期純利益

 本来のPERの計算式では株価も純利益も一株当たりを使って計算しますが、割合の計算式ですので上記の計算式でも同様の解が求められます。

 時価総額は投資家から預かったお金ですので、PERが1倍の会社であれば1年で投資家から預かった金額を稼ぎ出す力がある会社であると判断することができます。
 一方でPERが100倍の会社は100年経たないと投資家から預かったお金を稼ぐことができないということとなります。
 つまり、PERが低い会社は利益に対して株価が割安となっていると判断することができ、PERが高い会社は利益に対して株価が割高になっていると判断することができます。

A社 B社
株価100円200円
一株当たり純利益20円100円
PER5倍2倍

 ⇒ B社のほうが株価は高いけど、PERは低いから割安!!

2.PERの使い方

 日本の上場企業の場合、PERの平均値は15倍程度とされています。
 そのため、PERが15倍を大幅に超えている会社の株価は現状割高とされ、15倍を下回る会社の株価は割安となっていると判断することができます。

 ただし、業種によってPERが低い業種や高い業種があるため、その会社の業種の平均PERとも比較し判断したほうが精度は高くなります。

業種ごとの平均PERの例
  石油・石炭製品5.5倍
  銀行業    8.9倍 
  建設業    9.9倍 
  情報・通信業23.3倍 
  工業    33.3倍

(㈱東京証券取引所統計資料より 2019年1月時点)
https://www.jpx.co.jp/markets/statistics-equities/misc/04.html 

3.PERだけでは判断しない

 PERが15倍を大きく下回っている会社であっても株価が必ず上がってくるわけではありません。業績が悪化している会社は利益が減少していくためPERが低くなっている可能性もあり、そういった会社はPERが低くても株価はさらに下落していきます。

 一方、PERが15倍を大きく上回っている会社であっても、業績が良く成長性の高い会社であればさらに株価が上昇していく可能性もあります。

 ただし、PERが100倍を超えるような場合には、それを超えるほどの業績を出すことは困難と考えられるため、そういった会社の株に手を出すのは危険と考えられます。

-株式投資, テクニック
-,

執筆者:

関連記事

no image

痛恨の失敗

やらかした〜! とりあえず、こんばんは。 今日も日経下がりましたね。 もう20,000円の壁も下回りそうな勢い。 今日も空売り仕掛けたのですが、訳あって銘柄はお伝えすることができません。 なぜなら… …

no image

ボロ株禁煙法33日目

2019年8月29日 ボロ株禁煙法33日目 1.購入銘柄 カイカ(2315)を25円で購入しました。 現在3銘柄に指値を入れていますがなかなか下がってこないため買うことができませんでした。 2.残高と …

no image

いまいち上がらない相場。短期的には上目線。

本日はいまいち上がらず、ほぼヨコヨコな相場でした。 日経平均は少し上昇していますが、TOPIXは少し下落しています。 1.ジャパンエレベーターSHD(6544)が決算発表を受けて下落 正直予想通りの展 …

no image

日経平均騙し上げ

本日は日経平均以外は少し下落の相場でした。 日経平均だけは159円高となりましたが、基本的にファーストリテイリング(9983)とソフトバンクG(9984)の上昇の寄与度が高く、東証一部の値上がり銘柄 …

no image

ボロ株禁煙法64日目

2019年9月30日 ボロ株禁煙法64日目 1.購入銘柄 相場がなかなか下がらず上がっていたため指値が少し高くなっていたため、本日は2銘柄購入できました。 アゴーラ・ホスピタリティー・グループ(970 …

スポンサーリンク




プロフィール

~プロフィール~

サイト管理人のゼンと申します。

現役税理士が税務情報や株式投資についてお話します。

役立つ記事があれば参考にしてください。

詳細プロフィールはこちら
 

~更新記事一覧~

2018年11月  ▲ 20,391円

2018年12月  +183,832円

2018年 年間収支+163,441円

 

2019年 1月  + 21,128円

2019年 2月  ▲255,290円

2019年 3月  + 58,471円

2019年 4月  ▲110,793円

2019年 5月  ▲ 69,713円

2019年 6月  +115,127円

2019年 7月  +192,802円

2019年 8月  ▲ 172,115円

2019年 9月  +415,766円

2019年 年間収支+195,383円

 

生涯収支     +358,824円