株式投資 テクニック

株主構成を把握し今後の値動きを想定しよう!

投稿日:

 上場企業の株主構成は会社四季報に掲載されており、会社の株主構成をみると様々な情報を把握することができます。

 今回は株主構成から得られる情報について解説します。

1.オーナー企業と他の上場企業の子会社

 発行株式の過半数を経営者やその親族が保有している会社をオーナー企業といいます。
 オーナー企業は上場し多くの投資家から資金を調達していますが、株式の過半数を経営者一族が保有しているため、その会社の経営はオーナーの一存で決定することができます。

 また、発行株式の過半数を他の上場企業に保有されているような会社もあります。

 こういった会社で気を付けなければならないことは、オーナーや親会社がTOB(株式公開買付け)により投資家から株式を買い取り、非上場化する可能性があることです。

 また、非上場化は株価が低迷しているときに実施されやすくなります。なぜなら、株価が低いほうが非上場化のための買い取りにかかる費用を少なくすることができるからです。

 非上場化するときは市場の株式がTOB実施時近辺の株価を参考に強制的に買い取られます。
 したがって、過去に高い株価で買ったまま塩漬け状態で放置していた場合には含み損が強制的に実現させられてしまいます。

 上記のようなことが考えられるため、オーナー企業や他の上場企業の子会社については含み損が生じた場合には早めに損切りするように心掛けましょう。

2.外国投資家と投信の持ち株比率

 会社四季報には外国人持ち株比率と投信持ち株比率が掲載されています。
 この2つの比率は高いほうが優良企業として評価されていると判断することができます。

 ただし、「買いは将来の売り」という言葉があるように、業績悪化などで企業の評価が悪くなった時には外国人投資家や投資信託が株を大量に売り出す可能性があります。

 そのため、ゼンとしては外国人持ち株比率と投信持ち株比率は1~10%の企業を投資対象としています。
 また、これらの比率の増減に注視しており、比率が増加した場合には将来的な株価上昇につながる可能性が高いと考えています。

-株式投資, テクニック
-

執筆者:

関連記事

no image

悪い相場の中で続伸

今日も相場自体は続落。 今月に入って5日連続の下落となっております。 そろそろ短期的には反発してもいい頃なのですが、決算発表が多い時期なのでなかなか上がりにくい地合いとなっています。 1.本日の資産変 …

no image

ボロ株禁煙法13日目

2019年8月9日 ボロ株禁煙法13日目 1.購入銘柄 中外鉱業(1491)を20円で購入しました。 2.残高と損益 禁煙日数×500円=6,500円 余剰資金600円 微妙に値下がりしている銘柄があ …

no image

いまいち上がらない持株

本日は割りと相場は上昇しておりました。 しかし、ゼンの持株はいまいち上がりませんでした。 また、アカツキ(3932)は最低投資単価が65万円前後と大きく、他の銘柄よりも比重が多くなってしまっています。 …

no image

今週もお疲れ様

今週もお疲れ様でした。 今週は週末持ち越した任天堂Sに担がれて始まり、ずっと相場を観察した1週間でした。 当初の予定通りスイングトレードに徹したのですが、やっぱりついつい利確損切りしたくなってしまう。 …

no image

マザーズ爆上げ?

今日は日経平均、TOPIXは少し上昇しました。 一方、新興市場であるマザーズ指数は爆上げ。 主な原因はここ数日上昇を続けているそうせいグループ(2295)の影響と思われます。 正直、こういった特定銘柄 …

スポンサーリンク




プロフィール

~プロフィール~

サイト管理人のゼンと申します。

現役税理士が税務情報や株式投資についてお話します。

役立つ記事があれば参考にしてください。

詳細プロフィールはこちら
 

~更新記事一覧~

2018年11月  ▲ 20,391円

2018年12月  +183,832円

2018年 年間収支+163,441円

 

2019年 1月  + 21,128円

2019年 2月  ▲255,290円

2019年 3月  + 58,471円

2019年 4月  ▲110,793円

2019年 5月  ▲ 69,713円

2019年 6月  +115,127円

2019年 7月  +192,802円

2019年 8月  ▲ 172,115円

2019年 9月  +415,766円

2019年 年間収支+195,383円

 

生涯収支     +358,824円