税金 税務情報

配偶者控除・配偶者特別控除の概要

投稿日:2019年1月14日 更新日:

平成30年(2018年)から配偶者控除や配偶者特別控除が大幅に改正され、とても複雑になりました。

そこで今回は配偶者控除の改正点についてまとめたいと思います。

1.改正されたポイント

平成30年(2018年)で改正されたポイントは以下の3つです。

①配偶者特別控除の適用幅の拡大

②納税者本人の所得金額による配偶者特別控除の適用幅の逓減

③納税者本人の所得金額による配偶者控除の適用上限

 配偶者控除や配偶者特別控除の受けるには、配偶者の所得も納税者の所得も一定の金額以下であることが要件とされています。それが今回の改正で配偶者の所得の範囲は拡大しました。
 一方で納税者本人の所得の範囲は逓減しているため、世帯年収の多い家庭に対しては増税の改正ととらえることができます。

2.配偶者特別控除の適用幅の拡大

 改正前までは配偶者の合計所得金額が76万円未満(給与所得だけの場合は給与等の収入金額が141万円未満)を対象としていましたが、改正後は123 万円以下(給与所得だけの場合は給与等の収入金額が201万円未満)が対象となります。

 ただし、配偶者特別控除は配偶者の所得に応じて段階的に控除額が逓減する制度ですので、この改正はあまり大きな影響はないと考えられます。

3. 納税者本人の所得金額による配偶者控除、配偶者特別控除の適用幅の逓減

 改正前までは納税者本人の合計所得金額が 1,000 万円以下(給与所得だけの場合は給与等の収入金額が 1,220 万円以下)であることを配偶者控除と配偶者特別控除の適用要件としていました。
 改正により納税者本人の合計所得金額が900万円超 1,000 万円以下(給与所得だけの場合は給与等の収入金額が 1,120万円超1,220 万円以下)の場合には配偶者控除と配偶者特別控除の適用幅が逓減されます。

4. 納税者本人の所得金額による配偶者控除の適用上限

 改正前までは配偶者控除については納税者本人の所得金額による要件はありませんでした。
 改正により納税者本人の合計所得金額が 1,000 万円以下(給与所得だけの場合は給与等の収入金額が 1,220 万円以下)であることが配偶者控除の適用要件となりました。

5.まとめ

 上記の改正内容を一読いただいてから下記の国税庁のイメージ図を確認していただくとわかりやすいかと思います。

(国税庁「平成 30年分以降の配偶者控除及び配偶者特別控除の取扱いについて」引用)

 今回の改正により配偶者の所得や納税者の所得により段階的に控除が逓減されることとなり、一定の金額で控除額が急激に増減するということはなくなりました。

 ただし、高所得者に対する増税の改正であることには変わりはなく、配偶者控除を減らせば婚姻率について、扶養控除を減らせば出生率について、政治が影響を与えてしまっているように感じます。

6. 注意点:扶養控除と社会保険上の扶養

 今回のお話しは配偶者のお話であることに注意が必要です。

 お子様や両親などの扶養控除の場合には従前の通り被扶養者の年間の合計所得金額が38万円以下(給与のみの場合は給与収入が103万円以下)であることが要件となっているため、1円でも超えれば扶養から外れることとなります。

 また、配偶者がいくら以上働いてしまうと損か得かといった判断の際に重要になるのは税制ではなく社会保険の方です。

 税制上は配偶者の所得が増えるにつれ、納税者側の控除額が段階的に逓減される仕組みとなっています。そのため、いくら以上稼いだら損ということは考えられません。

 一方、社会保険上の扶養は原則として収入金額が130万円未満と定められており、1円でも超えれば扶養から外れることとなります。

-税金, 税務情報

執筆者:

関連記事

no image

ふるさと納税の概要

 ふるさと納税という制度を簡単に説明しますと、 自分の好きな自治体を選択して、所得税や住民税をその自治体に納めることができる制度です。  もちろん、生まれ故郷や育った地方を選択しても構いませんが、 何 …

no image

税理士という仕事

 「税理士って辛いなぁ」  なぜ、何が辛いのかというと、 お客様に多額の税金のお支払いをお願いした上で、 さらに自らの税理士報酬もご請求させていただかなければならないのです。  もちろん、「多額の税金 …

no image

印紙税過誤納確認申請書の記入方法を簡単に解説!

印紙税を還付してもらうには「印紙税過誤納確認申請書」を提出しなければなりません。 しかし、その記入方法がわかりにくく、国税庁のホームページを見てもチンプンカンプンです。 そのため、今回はこの「印紙税過 …

no image

税務書類の保存期間

税金の申告書や届出書の控え、領収書などはいつまで保存すればよいのでしょうか。 今回は税務書類の保存期間についてお話ししましょう。 1.申告書や届出書 申告書や届出書の控えについては、特段保存期間の定め …

no image

会計事務所で働くためには【求職編】

今回は現役税理士が「会計事務所の求職」についてお話しします。 ゼンは現役税理士ですので本来「雇う側の人」ということになるのですが、雇う側がどんなふうに考えているかを理解することで求職活動の役に立てれば …

スポンサーリンク




プロフィール

~プロフィール~

サイト管理人のゼンと申します。

現役税理士が税務情報や株式投資についてお話します。

役立つ記事があれば参考にしてください。

詳細プロフィールはこちら
 

~更新記事一覧~

2018年11月  ▲ 20,391円

2018年12月  +183,832円

2018年 年間収支+163,441円

 

2019年 1月  + 21,128円

2019年 2月  ▲255,290円

2019年 3月  + 58,471円

2019年 4月  ▲110,793円

2019年 5月  ▲ 69,713円

2019年 6月  +115,127円

2019年 7月  +192,802円

2019年 8月  ▲ 172,115円

2019年 9月  +415,766円

2019年 年間収支+195,383円

 

生涯収支     +358,824円