税金 税務情報

税務書類の保存期間

投稿日:2019年1月14日 更新日:

税金の申告書や届出書の控え、領収書などはいつまで保存すればよいのでしょうか。

今回は税務書類の保存期間についてお話ししましょう。

1.申告書や届出書

申告書や届出書の控えについては、特段保存期間の定めはありません。

税務署に原本が保存されているため、いざというときは閲覧申請することが可能です。

しかし、税務署に何を提出したのかわからなくなってしまいますし、銀行の融資などで必要となることもありますのである程度の期間は保存しておいたほうがよさそうです。

2.帳簿

個人の確定申告や法人の決算には「仕訳帳」や「総勘定元帳」の作成が必要になります。これらの帳簿については原則として保存期間は7年と定められています。

ただし、法人のうち平成20年4月1日以後に終了した欠損金の生じた事業年度においては9年、平成30年4月1日以後に開始する欠損金の生ずる事業年度においては10年と定められています。

法人については欠損金の繰越期間が延長されたことに伴い、欠損金の生じた事業年度については帳簿の保存期間も延長されるため注意が必要です。

3.書類

経費の領収書や売上の請求書などの書類についても、原則として保存期間は7年と定められています。

例外として、個人の白色申告の場合には5年と定められております。また法人の場合には上記の帳簿の保存期間と同様に欠損金の生じた事業年度については9年または10年に延長されます。

4.まとめ

税務書類の保存期間については上記の通りですが、少しわかりやすくまとめているため、実際に帳簿・書類を廃棄される際には今一度保存期間をご確認いただくようお願いいたします。

ゼンとしては税務書類の保存期間は下記の通りでよいと思います。

個人の場合・・・7年

法人のうち黒字経営の場合・・・7年

法人のうち赤字になることがある場合・・・10年

赤字経営の場合、税金は納めなくて済むけれど、書類の保存期間が長くなるという結果となります。

-税金, 税務情報

執筆者:

関連記事

no image

印紙税過誤納確認申請書の記入方法を簡単に解説!

印紙税を還付してもらうには「印紙税過誤納確認申請書」を提出しなければなりません。 しかし、その記入方法がわかりにくく、国税庁のホームページを見てもチンプンカンプンです。 そのため、今回はこの「印紙税過 …

no image

クラウド会計ソフトのメリット・デメリットを税理士が語る。

最近、会計ソフトにも「クラウド化」の波が押し寄せている。 そこで、このクラウド会計ソフトのメリット・デメリットについて現役の税理士がお話ししたいと思う。 1.クラウド会計ソフトとは そもそもクラウド会 …

no image

NISAについて

本日はNISAについてお話しましょう。 NISAとは日本版Individual Savings Account(少額投資非課税制度)です。 内容としては、一定の口座(NISA口座)内で投資をすれば 年 …

no image

中小企業の役員報酬の設定方法

 他の会社の社長さんが毎月いくら役員報酬を貰っているか聞いたことはありますか?一般的には聞いたことはないと思います。 税理士という仕事をやっていると様々な会社で役員報酬の設定についてご相談を受けます。 …

no image

切手や商品券の経費計上のタイミング

 事業をやるうえで切手や商品券を購入することがあると思います。また、SuicaやPASMO、ICOCA、SUGOCAといった交通系電子マネーを使うこともあると思います。  これらはお金を支払うタイミン …

スポンサーリンク




プロフィール

~プロフィール~

サイト管理人のゼンと申します。

現役税理士が税務情報や株式投資についてお話します。

役立つ記事があれば参考にしてください。

詳細プロフィールはこちら
 

~更新記事一覧~

2018年11月  ▲ 20,391円

2018年12月  +183,832円

2018年 年間収支+163,441円

 

2019年 1月  + 21,128円

2019年 2月  ▲255,290円

2019年 3月  + 58,471円

2019年 4月  ▲110,793円

2019年 5月  ▲ 69,713円

2019年 6月  +115,127円

2019年 7月  +192,802円

2019年 8月  ▲ 172,115円

2019年 9月  +415,766円

2019年 年間収支+195,383円

 

生涯収支     +358,824円